ウーマン

メニュー

ピリッと走る嫌な痛みを解消しよう|洗顔から始める敏感肌の改善講座

乾燥を防ぐには

2人の婦人

乾燥する要因

肌が粉を吹いて乾燥に悩んでいる人は多くいます。乾燥肌は、皮膚の潤いを守る角質層がめくれた状態になります。角質層の隙間から水分が蒸発するので、きちんとケアしないとさらにひどくなります。乾燥肌になる要因として、きちんと食事を摂らないことが考えられます。栄養が偏ると、皮膚細胞自体が弱くなってしまいます。皮膚自身を守る力が低くなってしまい、乾燥が進んでしまいます。それと、栄養不足になると肌の新陳代謝も低下します。それで、古い角質が剥がれないので乾燥が助長されます。乾燥肌を放置すると、さらに悪化していくでしょう。ですので、保湿効果の高い化粧水で継続的にスキンケアを行う事がとても大事です。

スキンケアのポイント

乾燥肌対策として、保湿効果の高い化粧水で潤いを与える事が有効です。ただし化粧水のつけ方次第では、全く肌への効果はなくなってしまいます。そこで、ここからは十分に乾燥を防ぐための化粧水のつけ方についてお教えします。まず、洗顔後すぐに化粧水をつけることが重要です。洗顔後と言うのは、皮膚が無防備で乾燥しやすい状態です。なので、すぐにケアをしないと、どんどん潤いが奪われます。すぐに化粧水をつけられるように、洗面所などに化粧水を置いておくとよいでしょう。その他のポイントは、一度に大量の化粧水をつけるではなく、少量ずつ付けることが大事です。たくさんの量を一気につけると、目元や小鼻などの細かい部分をケアできないからです。そして、化粧水は擦ってつけるのではなく、そっと上から当てて浸透させると良いです。