ウーマン

メニュー

ピリッと走る嫌な痛みを解消しよう|洗顔から始める敏感肌の改善講座

肌の弱い人は神経を使う

基礎化粧品

自分の肌質を知っておく

世の中には様々な体質を持つ人がいますが、その中でも敏感肌はいろんなものに反応しやすいと言われます。例えば美容室に行ってパーマやヘアカラーをやったときに、パーマ液や染め剤が肌にあわずかぶれる等訴える場合があります。 美容室では事前にそのようなことを想定して、パッチテストを行っていますがすべてのところでやっているとは限りません。 お店側はパッチテストを行って肌トラブルを防いでいますが、お客側は自分が敏感肌であることを知っている場合がほとんどです。 どうしてもヘアカラーやパーマをかけたいと思っているので、敏感肌を無視してあとで悩むことになるのです。 普通の人でも肌が敏感になっている状態のときがあるわけですから、敏感肌の人はそれ以上気を付ける必要があります。

肌荒れを起こさない方法

肌の弱い敏感肌の人は、普段の生活で気を付けなければならないときが多いわけですが、女性の場合化粧品がそれにあてはまります。 ほとんどの女性はスキンケアに化粧品を使用すると言われ、毎日使うものだからこそ詳細を確かめて選ぶ必要があります。成分表に注目して、商品を購入するように心がけましょう。 敏感肌の人が普通肌用の化粧品を使って、肌荒れを起こしたということをよく聞きます。その化粧品に特別、有害なものが入っていたわけではないのですが、肌荒れを起こした人が敏感肌だったために起きたことです。 現在、化粧品売り場で商品を購入する時には、美容部員の人に相談して敏感肌用を選んでもらえます。また、自分自身で購入する際には、低刺激・無添加といった表記のある商品と良いでしょう。メーカーが可能なかぎり刺激物や保存料をカットして作っているのが低刺激・無添加化粧品であるため、肌が敏感になっている人でもトラブルになりにくいのです。