婦人

メニュー

今日からできる|洗顔から始める敏感肌改善講座

顔の角質を綺麗にする石鹸

石けん

顔の赤みやくすみをコンプレックスに感じているなら、ピーリング石鹸で角質からしっかりと綺麗になってしまいましょう。ただし、髪の毛が抜けることのないように洗髪にピーリング石鹸を使うのだけは止めておいたほうが無難です。

もっと読む

丁寧なスキンケアが大切

泡を持つ女性

スキンケアを見直してみる

敏感肌は日の光に当たると真っ赤になり、ヒリヒリと痛んだり、化粧水がしみたりする肌の状態を指します。ほんの少しの刺激によってかゆみや湿疹を伴うこともあり、どんなに高価な化粧品を使用しても改善されないことがあります。敏感肌の原因は、間違ったスキンケアやシャンプーや洗顔フォームを低刺激にしていない、肌が乾燥しているなどがあります。敏感肌は皮膚の表面がぼろぼろとした状態のため、いくら化粧水をつけても奥まで浸透することができません。そのため保湿が重要になってきます。保湿を丁寧に行うことで、肌がきめ細やかになり、古い角質もはがれやすくなります。スキンケアを見直すにはまず洗顔の仕方に注目すると良いでしょう。

どのように洗ったらよいか

敏感肌の場合、洗顔方法に注目する必要があります。化粧を落とす場合、オイルやジェルのものを使用します。オイルは濃いメイクも落とすことができますが、肌にとって必要な皮脂も落としてしまいます。クレンジングにはオイルでないものを使用すると良いでしょう。洗顔に関しても良く泡立てた泡で、優しく肌を包みます。この時ごしごしこすったり、指を顔に当ててくるくるとしたりしないようにしましょう。洗顔後は丁寧に泡を落とし、タオルも顔を包み込むようにして使用します。さらに洗顔後はしっかりと化粧水をつけ、保湿するようにします。夏の時期など肌がべたべたする時は、頻繁に顔を洗いたくなりますが、どんなに洗っても1日2回までとしておきます。

肌の弱い人は神経を使う

基礎化粧品

敏感肌は自身の体にダメージを負わないためにも、今ある状態を知るのはとても大切なことですが、その中でも肌質を理解しておくのが重要です。 化粧品に含まれる成分をきちんと調べ、使用する前に実際自分の肌で試してみるなど行うのが必要となります。

もっと読む

乾燥を防ぐには

2人の婦人

乾燥肌は、日頃のバランスの悪い食生活で起こります。ちゃんと食事をしないと、皮膚細胞自体が脆くなるからです。乾燥肌を防ぐには、保湿性の高い化粧水で毎日ケアすると良いです。化粧水をつける際は、洗顔後にすぐに優しく浸透させる事が大事です。

もっと読む